シングル1/8ステレオコネクター付き,スマートフォン,BY-M1DM,BOYA,/concession1088986.html,デュアルLavalierユニバーサルマイク,家電&カメラ , カメラ , アクセサリ,2520円,zsbiala.org,カムコーダー用,デジタル一眼レフカメラ 2520円 BOYA BY-M1DM デュアルLavalierユニバーサルマイク シングル1/8ステレオコネクター付き スマートフォン デジタル一眼レフカメラ カムコーダー用 家電&カメラ カメラ アクセサリ 2520円 BOYA BY-M1DM デュアルLavalierユニバーサルマイク シングル1/8ステレオコネクター付き スマートフォン デジタル一眼レフカメラ カムコーダー用 家電&カメラ カメラ アクセサリ BOYA BY-M1DM デュアルLavalierユニバーサルマイク シングル1 デジタル一眼レフカメラ カムコーダー用 8ステレオコネクター付き スマートフォン 上等 シングル1/8ステレオコネクター付き,スマートフォン,BY-M1DM,BOYA,/concession1088986.html,デュアルLavalierユニバーサルマイク,家電&カメラ , カメラ , アクセサリ,2520円,zsbiala.org,カムコーダー用,デジタル一眼レフカメラ BOYA BY-M1DM デュアルLavalierユニバーサルマイク シングル1 デジタル一眼レフカメラ カムコーダー用 8ステレオコネクター付き スマートフォン 上等

BOYA 入手困難 BY-M1DM デュアルLavalierユニバーサルマイク シングル1 デジタル一眼レフカメラ カムコーダー用 8ステレオコネクター付き スマートフォン 上等

BOYA BY-M1DM デュアルLavalierユニバーサルマイク シングル1/8ステレオコネクター付き スマートフォン デジタル一眼レフカメラ カムコーダー用

2520円

BOYA BY-M1DM デュアルLavalierユニバーサルマイク シングル1/8ステレオコネクター付き スマートフォン デジタル一眼レフカメラ カムコーダー用

商品の説明

BOYA BY - by-m1dmはデュアル・小型スマートフォンで、マイク、1つの1 / 8 "ステレオコネクターで使用でき、DSLR camears、ビデオカメラ、オーディオレコーダー、PC、および他の記録デバイスがサポートされています。
  2つのwell-receivedオムニディレクショナル小型マイクと4 m ( 13フィート3.96 M )の長さのケーブル接続の場合プリフェクトのインタビュー、プレゼンテーション、ポッドキャスト、Web、またはどのような状況であり、複数件名必要がある場合に記録されています。
  その4 M ( 13フィート3.96 M )ケーブル2.8 M ( 9.2 'の間の距離を提供含まれている各マイク、快適に配置になり、タイクリップのように、これらのハンズフリーで使用されています。
 -全方向型のポーラーパターン
  全方向性ポーラーパターンを採用しながら、外れた場合でも、応答件名に話すのはいた間のヘッド
  記録のために設計された-インタビュー
  デュアルマイク小型マイクマイク記録できる2つのサウンドには、リソースを同時に
  - 4 M ( 13フィート3.96 M )長ケーブルを使う様々な状況に使用
  -頑丈なメタルPower Pack
周波数範囲: 65 Hz18 kHz
感度: -30db +/- 3db / 0db = 1 V / PA , 1 kHz
出力インピーダンス: 1000 Ohm以下
コネクター: 3.5 mm ( 1 / 8 ") 4-poleゴールドプラグ
パッケージには以下が含まれます:
1 x by-m1dm Dual小型マイク

BOYA BY-M1DM デュアルLavalierユニバーサルマイク シングル1/8ステレオコネクター付き スマートフォン デジタル一眼レフカメラ カムコーダー用

東洋炭素のものづくり

元素記号C、原子番号6。私たちの炭素の夢は、未来へと無限に拡がります

自然界に広く分布し、紀元前の昔から利用されてきた炭素。無限の可能性を秘めた炭素に魅せられ、私たちは理想の品質を追求し続けてきました。そして 1974年、日本で初めて等方性黒鉛の開発に成功。以来、炭素の可能性は飛躍的に拡がり、数々の画期的な炭素製品が誕生しました。いまや半導体・宇宙航空用途など最先端テクノロジー分野にも広く採用されています。パイオニアメーカーとしての実績をもとに、私たちの活躍の場は世界規模で拡大しています。さらに創造力を磨き続け、社会に貢献できるグローバル企業をめざして。私たちの挑戦は続きます。

製品情報

暮らしから産業までを支える幅広い事業領域

半導体・自動車・産業機械・家電・医療機器・宇宙航空…これらすべて、東洋炭素のカーボン製品が活躍しています。
東洋炭素のカーボン製品は、創業来着実に活躍の場を拡げてきました。多岐にわたる業界の様々なニーズを結実するべく、気が遠くなるほどのトライアンドエラーを重ねてきた結果、現在では暮らしから産業にまたがる幅広い領域をカバーするに至ったのです。